当院について

患者様の権利と責務

患者様が康明会病院で医療を受けるにあたり、患者様との信頼関係のなかで、より良い医療を行うことを目指し、患者様の権利を尊重することを目的として、患者権利憲章を定めます


1 良質な医療を受ける権利
どなたでもその人格・価値観を尊重し、良質で安全な医療を公平かつ平等に受けることができます 

2 情報を知る権利
病状や検査、治療、今後の方向性などについて、必要な説明を受けることができます

3 自己決定の権利
十分な説明と、情報提供を受けた上で、自らの意思で医療内容を選択することができます
別な医師の意見(セカンド・オピニオン)をお聞きになりたいという希望も尊重されます

4 プライバシーが保護される権利
個人の情報やプライバシーは法の元、守秘・保護されます

5 情報開示の権利
自らの診療に関する記録などの開示を求めることができます 

6 苦情を述べる権利
権利が侵害されたと感じるときに苦情を述べる権利があります。


~患者様へお願い~

上に掲げた患者権利憲章を十分に尊重した医療を実践するために、皆様にも次のことに配慮をお願い致します。

1 医療提供者に自らの健康などに関する情報をできるだけ正しくお伝えください

2 医療提供者の説明に対して十分納得できるまで説明を受けてください

3 全ての患者様が快適な環境で医療が受けられるよう、病院内での規則と病院職員の指示をお守りください

4 患者様の権利が保護されるのと同時に、他の患者様、医療提供者の治療や業務も保護されることをご理解ください

5 患者様は受ける医療、受けられた医療に対しその対価を速やかに支払う責務があります