お知らせ

院内薬局ニュース No.3 インフルエンザ治療薬について

2015年1月13日

カテゴリ:
お知らせ

今年はインフルエンザの流行が例年より早く、しかも、すでに流行警報が出されています。  s-illust4061.jpg

今回は、最新のインフルエンザ治療薬についてお話しします。

投与方法による分類では、内服、吸入、点滴の3種類に分かれます。

また、薬品によっては、家族等の身近な人がインフルエンザにかかり、感染を予防したい時に予防投与が可能なものもあります。ただし、予防投与の場合、特殊な疾患を持つ人以外は保険が適用とならず、自費(10割負担)となります。

詳しい分類を下記の表にまとめてみました。

       治療の場合        予防の場合
  薬品名 用法・容量 投与日数 薬品名 用法・容量 投与日数
内服 タミフル 1日2回 5日間 タミフル 1日1回 7-10日間
吸入 リレンザ 1日2回 5日間 リレンザ 1日1回 10日間
イナビル 1日1回 1日のみ イナビル

治療に使うの
1/2量を1日1回

2日間
点滴 ラピアクタ 1日1回 1日のみ ラピアクタ    

 

それぞれの薬品に長所、短所がありますので、もし、インフルエンザにかかった場合は、医師とよく相談し、自分に適した薬品を処方してもらうようにして下さい。