外来受診のご案内

もの忘れ外来について

物忘れ外来とは

物忘れ外来とは、「最近物事が忘れっぽくなった」「物をよく失くす事が多い」等の初期症状の時点で、加齢が原因なのか、病気が原因なのかを診断し、その対応策を患者様・ご家族様と一緒に考えていく専門外来です。

 

康明会病院の物忘れ外来

康明会病院では、毎週土曜日の午前中、「物忘れ外来」診療を行っております。物忘れ外来では、頭部CT検査・認知症テスト・血液等の検査を行い、加齢によるものか認知症によるものかまたは、他の病気が隠れているための症状なのかを診断致します。

受診は予約制とさせていただいておりますので、診療の予約は【042-584-5269(地域医療推進部直通)】までお問い合わせください。

 

初期症状例

  • 人の名前が思い出せない
  • 同じことを何度も尋ねる
  • 薬の飲み忘れが増えた
  • 水道やガスの閉め忘れが多くなった
  • 以前より怒りっぽくなった
  • 財布を盗まれたと思い込む
  • クレジットカード等、重要な物を失くすようになった
  • 知っているはずの場所で道に迷う
  • 時間・場所の記憶が不明瞭なことが多い
  • 趣味への興味が急に薄れた

上記のような症状をご自身・ご家族が感じていたら、一度物忘れ外来を受診し、医師にご相談ください。

康明会病院アクセス